相原勇さんと対談しました!

2010年04月30日

相原勇さんとの写真
【経営者を全力でサポート「続ける」事が最大のサービス】
相原 :まずは代表が社会保険労務士として独立・開業されるまでの歩みからお聞かせください。

国本 :大手生命保険会社に勤めておりましたが、生命保険だけでは解決できない問題に 直面することが多々ありまして、別の角度から力になりたいと思って労務士としての道を選んだのです。

相原 :実際、どのような活動をされていますか?

国本 :経営者の皆様が安心して本業に専念して頂けるよう、労務管理・人事政策・資本政策を中心に最善のアドバイスをさせて頂いております。
特に中小企業の経営者にとって大きな悩みは、人に関する問題です。資金・退職金・労使のトラブル・人事評価の問題など、生命保険では解決できない様々な問題を経営者は多く抱えています。私は、そういった問題を一緒に解決したいと思いました。

相原 :独立されて、何か感じられたことはありますか?

国本 :会社勤めをしていたときの経験が役立っているように思いますね。当時のクライアントともお付き合いをさせて頂いていますし営業畑を進んできたことも。

相原 :では、今後の展望としてはいかがでしょうか。

国本 :独立・開業してからの月日はまだ浅いので、まずは基礎を固め、それから規模を拡大していくつもりです。この仕事は「お付き合いを続けていくことが最大のサービス」だと考えています。クライアントに迷惑を掛けないように、そして誠意のある仕事を常に心がけながら仕事に取り組んでいきたいですね。

記事カテゴリ一覧

人事 採用 労務など企業の抱える問題を解決します。Copyright (C) 株式会社GAKUコンサルティング/ GAKU社労士事務所. All Rights Reserved.