GAKUブログ

Author Archive

会社も社長も損をしない社会保険料の支払い方 Ⅲ

2016年07月03日
社長の年収を維持して在職老齢年金をもらう方法(事前確定届出給与の活用) 前回に引き続き社長が年収を減らさないで、65歳から在職老齢年金を満額貰える方法をご教授します。 今回は、役員に賞与を支払いその分月額報酬を下げ、在職老齢厚生年金をもらう方法です。ご存じのように役員賞与は、税務上経費になりません。しかし、税務上経費にできる方法はあります。これを「事前確定届出給与」といいます。 毎年、会社は決算終了時に翌期の役員報酬の決定をしています。その際に賞与として支給する額をあらかじめ決定し、税務署... 続きを読む

会社も社長も損をしない社会保険料の支払い方Ⅱ

2016年05月02日
社長の年収を変えずに在職老齢年金をもらう方法(役員借入金編) 前回から引き続き社長が65歳から在職老齢年金を満額貰える方法をご説明します。 その前に、基本的な在職老齢年金の仕組みをご説明しておきます。 65歳以上の在職老齢年金の仕組みは、標準報酬月額相当額(標準報酬月額+直前12か月の賞与÷12の合計額)と年金月額の合計が47万円を超えなければ、満額支給されます。しかし、それを超えるとその1/2の額が支給停止され、残りが老齢厚生年金として支給されます。 通常役員報酬は、定期同額給与が原則... 続きを読む

社長も会社も損をしない社会保険料の支払い方Ⅰ

2016年03月01日
① 社長が現役を続ける限り、老齢厚生年金は貰えない?!  突然ですが、厚生年金保険料は、何歳まで支払うかご存じですか? 答えは、退職するまでまたは70歳までです。 社員には、会社で定めた定年があります。多くの会社の定年は現在60歳です。 従って60歳まで支払います。但し、65歳までの継続雇用が義務化されていますので継続雇用を希望し、引き続き勤務される方は65歳まで支払うことになります。  しかし、社長さんには定年がありません。従って、社長さんは現役を続ける限り70歳まで厚生年金保険料... 続きを読む

経営者のための組織を強くする労務の基礎知識① 

2014年03月13日
厚生年金基金に加入している企業様必見!?厚生年金基金解散法案が施行されます!  今年4月に厚生年金法が改正されます。近年厚生年金基金は、代行割れ(厚生年金保険料を一部基金が国の代わりに預かって運用し、老齢年金等へ支払うが、その財源が不足している)が問題になっていました。この法律改正により、厚生年金基金の解散がしやすくなります。現状を考えれば、今後5年以内にほとんどの厚生年金基金が解散し、消滅してしまうことが予想されます。 現在残っている厚生年金基金の数は、560基金(H24.3末)で10年前... 続きを読む

協会けんぽの介護料率改定の予定です!!

2014年01月24日
 多くの中小企業が加入されている協会けんぽのH26年の改定予定が公表されています。 健康保険料は、据え置きですが、40歳以上の被保険者は、介護保険料率が、1.55%⇒1.72%にアップするため 保険料保険料負担が労使ともにアップします。 例えば、従業員50名で平均年収500万円の場合で例えると   50名×500万円×1.7/1000=425000円 のコストアップになります。 これをどう考えるかは、会社次第ですが・・・ 詳細はこちらから 続きを読む

生保・損保専業代理店を経営されている方へ 緊急告知です!!

2014年01月19日
法人代理店経営をされている方へ 既にご承知のことと存じますが、金融庁より各生保・損保会社へ「委託型募集人」に対する規制を強化するよう16日に報告命令がだされた模様です。 これは、今後の代理店経営を揺るがしかねない大きな問題です。 マスコミ報道通り、正社員化することが義務づけられると社会保険(労災・雇用・健康・厚生年金)の適用はマストになります。会社のコストが大幅に増大します。 また、雇用契約するという意味は、社会保険適用だけの問題に留まりません。 例えば、 雇用契約はどのよう... 続きを読む

ホームページをリニューアル致しました。

2013年11月28日
ホームページをリニューアル致しました。... 続きを読む

今年は、助成金が熱い!!(期間限定無料診断中)

2013年06月29日
アベノミクス効果なのでしょうか? 今年は、雇用にかかわる新しい助成金がたくさん創設されています。 御社にあった助成金を一度診断してみませんか? 7月1日~8月末まで期間限定でSRSPLUSサービスの公的診断支援サービスを無料開放します! 下記をクリックして必要項目を記入下さい。 お問合せはこちらから!! 続きを読む

会社の底力を上げるために大切なこととは

2013年06月26日
社会保険労務士の仕事の一つに、人事や労務に関するコンサルティングがあります。 その範囲は会社の中で起きるほぼすべての問題に関わると言っても過言ではありません。 社内をより健全に、活性化させるためには、良い社会保険労務士との出会いが大切だと言えるでしょう。 当事務所では、豊富な経験をもとに、就業規則や人事制度、退職金制度などの構築や変更、また人件費圧縮コンサルティング業務などを多数の企業で行ってきました。 構築後のサポート業務に至るまで、丁寧で分かりやすいアドバイスを心がけています。 ... 続きを読む

総務関連の負担を軽減する「社内文書パック」

2013年06月25日
会社で働く人に関する実務全般を取り仕切っているのが総務部です。 人が動くところ全てに何らかの手続きが必要になります。 採用、入社時、雇用契約、福利厚生、出向、転籍、退職、休職など。 その他にもあげればきりがありません。 しかも法的な要件を満たさなければならないものが多くあり、それらの文書を一から作り上げていくのは大変な作業です。 当社では作業を効率的に進めるために、総務関連社員向けの「社内文書パック」を用意しています。 労務管理に必要な文書のひな型をダウンロードできる便利なシステ... 続きを読む
« Older Entries

記事カテゴリ一覧

人事 採用 労務など企業の抱える問題を解決します。Copyright (C) 株式会社GAKUコンサルティング/ GAKU社労士事務所. All Rights Reserved.